HOME > お役立ち一覧 > バーコ印刷

バーコ印刷

バーコ印刷「バーコ印刷」とは、アメリカのバーコ社で開発された盛り上げ印刷の事で、欧米では名刺などのカード類に多用されています。
表面は光沢があり、凸凹のある独特の風合いが特徴です。

加工方法は、特殊な樹脂パウダーを付着させて加熱処理をします。
加熱により膨らんだ樹脂パウダーが固まると、つやつやした凸凹の盛り上がりとなって、印象的な立体感が出来上がります。

 

 

独特の質感で目を引くバーコ印刷、活用には注意点があります。

  • バーコ印刷は片面のみ
    基本的にバーコ印刷は片面のみ印刷可能です。
  • 熱に弱い紙にはバーコ印刷が出来ない
    PP貼り後の紙や、両面アート紙、両面コート紙は熱に弱い為、バーコ印刷が出来ません。
    また、吸湿性が高い和紙やインクジェット専用紙では盛り上がりが低くなる場合があります。
    加熱処理(約180~200℃)に耐えられる紙であれば大丈夫です。
    BUSINESS名刺印刷所の名刺用紙では、
    “ミセスBスーパーホワイト”や”ジェントルホワイト”などが向いています。

 

名刺は、自分の顔、会社の顔という役割を担っています。
ロゴマークや強調したい文字部分などにバーコ印刷を施しますと、
より強く印象に残る名刺になると思いますよ。

 

→ 名刺加工オプション

 

カテゴリー: 印刷,豆知識,

一覧に戻る