HOME > お役立ち一覧 > 名刺とは

名刺とは

名刺は、自己紹介の一環として交換されたり、職業上の儀礼のために手渡されるものである。

一般的に氏名を最も強調し、所属(いわゆる肩書き)・連絡先(電話番号・所在地など)を記載する。
中には顔写真や、ウェブサイトのURL・メールアドレスを記載しているものもある。 
保存性・耐久性の点から厚い紙が用いられ、携帯の利便性から人の手よりも小さいサイズの紙製の
ものがよく使用される。(ウィキペディアより)

名刺のサイズは国、地域によって多少異なります。日本は91×55mmが標準になっていますが、名刺の発祥の地である中国を初めとしたアジア圏では90×54mmと1mmばかり小さくなっています。更に欧米では89×51mmと更に小さくなります。
この違いに特別な理由は無いようですが、欧米での名刺入れの購入は注意が必要なのでしょうか?
でも有名ブランドの名刺入れが使えなかったと言う話は聞きませんが、ちょっと気になってしまいます。 
日本では4号(関西では9号)が標準サイズ(91×55mm)で、女性が好む小さいサイズの2号(82×45mm)、3号(85×49mm)、他に大き目の5号(100×61mm)、6号(116×70mm)、7号(121×76mm)などがあります。

世界的に見て、名刺の消費は日本がNo1らしいですよ。

カテゴリー: 豆知識,

一覧に戻る