トップページ > ご利用ガイド > 印刷について

印刷について

当社では「オンデマンド印刷」「オフセット印刷」2通りの印刷方法で対応しております。
それぞれの印刷方法のメリットとデメリットをまとめました。
 

オンデマンド印刷

従来の印刷に必要な版の作成をせず、デジタルデータをそのまま高性能プリンターで出力する印刷方法。

オフセット印刷

デジタルデータから印刷用の版を作成し、版を介してインクを紙に転写する印刷方法。
メリット
  • データがあればダイレクトに印刷できるため、短納期での仕上げが可能。
  • 製版代が掛からないため、少部数でも必要最低限のコストで印刷可能。
  • 印刷の滲みが無いため、文字や線などが鮮明に印刷可能。
  • 大部数印刷であれば、部数が増えるほど1枚あたりの単価が下がる
  • 大きなサイズの用紙や質感の特殊な用紙などにも印刷が可能。
  • 広いベタ面グラデーションの再現性が高い。
デメリット
  • トナー印刷(プラスチックの微粒子を熱圧着する)のため、折り曲げたりすることで印刷の剥がれが生じることがある。
  • 広いベタ面やグラデーションなどに色ムラが生じやすい。
  • 少量の印刷の場合、製版コストが掛かるため、大部数の印刷をしないと割高になる。
  • 製版およびインクの乾燥に物理的な時間がかかるため、短納期には向かない。
当社取扱 名刺・封筒・チラシ・はがき・冊子 封筒・チラシ・はがき・二つ折カード・挨拶状・パンフレット・カバーフォルダ