HOME > ご利用ガイド > 事例紹介

事例紹介

  • 顧客への案内状、ショップカード

    美容室LUANA様

    お客様からのご依頼

    「美容室新規開店の為、ショップカード、名刺、お客様へのDMの作製をお願いしたい。」

    美容室をオープンします。ハワイをイメージした内装のお店です。「ハワイ」「木」「花」といった柔らかなお店のイメージに合う、店舗の雰囲気が伝わるようなショップカードとスタッフの名刺を作りたい。また、お客様へお出しするDMも同時に作りたいのですが、どんなデザインにしたらいいかなと思っています。

    BUSINESS名刺印刷所の提案でこう解決しました!

    今回は新規オープンの美容室からのご依頼です。

    まず、ショップカードは「木」「花」といったイメージから、ベースを木目調にして、ショップカラーの水色でロゴを印刷するということになりました。お店様の側で、こうしたいとイメージされているものがはっきりしていたので、制作側とお客様のイメージにズレが生じないよう、一緒にパソコンで細かな点を相談しながらデザインを決めていきました。

    同じようにナチュラルな雰囲気と水色を用いて、名刺とDMも作製いたしました。

    お客様のご要望がはっきりされていると、作る側も反映がしやすく大変有難いです。

    反対に明確なテーマが無かったり、漠然としたイメージしかないという場合にも、ご一緒にデザインの細かい部分をパソコンで調整したり、お話を伺いながらご希望に近付けるようにいたしますので、どうぞ何でもご相談ください。
  • オリジナルの複写式の領収書、預かり証

    株式会社カラットハウス様

    お客様からのご依頼

    「オリジナルの領収書などを複写式で作ることはできますか。」

    店頭で領収書や預かり証を使うことが多いけれど、市販のものでイメージにぴたりと合うものが無いため、オリジナルで作りたいと思っています。

    既存の製品に比べ、落ち着いた雰囲気のデザインで、且つ複写式の領収書と預かり証の作製をお願いできますか。

    BUSINESS名刺印刷所の提案でこう解決しました!

    複写式のものでもオリジナルで作製できます。

    デザインもご希望に沿って落ち着いた感じに仕上がり、ご満足いただけました。

    このように、市販のものではイメージにぴたりと合うものが無いという場合、こんなものもオリジナルで作れるのだろうかという時には、是非ご相談ください!
  • お客様のプライバシーにも配慮したオリジナル封筒

    株式会社カラットハウス様

    お客様からのご依頼

    「中が透けて見えない、オリジナルの封筒を作りたい。」

    マイナビ賃貸でおなじみのカラットハウス様。

    オリジナルの封筒を作りたいのですが、顧客情報など、中身が透けて見えることの無い、情報がしっかり護れるものをお願いしたいです。

    BUSINESS名刺印刷所の提案でこう解決しました!

    「見えない白」これは、BUSINESS名刺印刷所営業シギョウのイチオシ! の中が透けない用紙で作られた封筒です。この「見えない白」での作成をご提案しました。

    この封筒は、アイボリーとグレーの中間のような色が薄くかかっており、純白ではないので、その点が問題無ければ、厚みのある用紙を使用したり、中が見えないよう内側に地紋印刷を施すよりもコストを抑えながらお客様の大切な情報を護ることができます。

    「見えない白」に会社名などの情報を印刷し、中が透けて見えないオリジナルの封筒が完成しました。
  • ノベルティの栞

    ジュエリーブランド MARCO BICHEGO JAPAN様

    お客様からのご依頼

    「ブランドカラーの深みのあるブラウンという点を重視したノベルティを作りたい。」

    ブランドカラーである「深みのあるブラウン」という点を重視したノベルティを作りたいのですが、何か良いものはありませんか。

    BUSINESS名刺印刷所の提案でこう解決しました!

    MARCO BICEGO様のブランドカラーは深みのある茶色、「コーヒーブラウン」。

    その色を表現するノベルティということで、どんなものがいいか考えた結果、コーヒー豆の天然の色みでブラウンを表現する「コーヒーペーパー」に活版印刷でブランドロゴを施した栞をご提案しました。

    弊社の活版印刷部門「紙成屋」が、有名コーヒー店の集まるイベント「コーヒーコレクション」に出店した際、コーヒーと活版が融合してできることはないかという話がでました。そこで、ミルクペーパーという牛乳パックの再生紙を作る段階でコーヒー豆を混ぜてみたところ、他には無い深みのある茶色の紙が出来上がったのです。

    その紙にロゴを招待状と同じく活版で印刷し、こちらは金箔ではなく、ナチュラルな紙質に合わせてメジウムインキという透明なインクを使用したところ、独特の色みと風合いを持つ、素敵な栞が完成しました。

    「コーヒーペーパー」は南三陸の社会福祉事務所で製造しており、ハンディキャップを持つ方たちの社会参加の一端にもなっています。
  • MBJ開設1周年記念イベントへの顧客へのご招待状

    ジュエリーブランド MARCO BICHEGO JAPAN様

    お客様からのご依頼

    「ブランドイメージにあった招待状を作りたい。」

    イタリアのジュエリーブランドMARCO BICHEGO。日本法人MARCO BICHEGO JAPAN設立1周年イベントの開催にあたり、顧客の方々への招待状の製作をお願いします。ブランドカラーである深みのあるブラウンで、きちんとしたものを作りたいと思っています。

    BUSINESS名刺印刷所の提案でこう解決しました!

    まず、ブランドのイメージにあう、深みのあるブラウンの用紙を選択し、貧弱な印象にならないよう、3枚合紙という3枚の紙を貼り合わせる方法で用紙に厚みを出しました。用紙に厚みがあると通常の印刷では印刷機に紙が通らない為、昔ながらの印刷方法、活版印刷での制作をご提案。ブランドロゴには、ブランドカラーに合う金の箔押しをしました。

    厚みのある用紙に活版印刷の凹凸、茶と金の色合いが独特の雰囲気を醸しだします。

    お客様が招待状を受け取られた瞬間から、イベントへの期待感を持っていただけるようなものがご提案できたのではないかと思っています。
2 / 3123